Miki Tokairin 東海林美紀 Blog

tkrin.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 28日

展示@仙台


現在、仙台の百貨店、藤崎さんでニジェールとガーナの女性たちの展示を行わせていただいています。
12月1日に開催するto Mothers―みちのく―の一環です。

26日から展示させていただいているのですが、
初日には東日本放送さん、仙台放送さんに取材していただきました。

藤崎さんには、ホワイトリボンに賛同していただき、今回の展示が実現しました。
今回のto Mothers―みちのく―を開催するにあたり、
藤崎さんはじめ、たくさんの仙台の方たちに支えていただいていることを感じます。


展示の期間は、12月2日まで。
開館時間は、10時から19時。
場所は、青葉通り側エントランスです。

仙台にいらっしゃる方、ぜひお越しください。

f0209745_2145726.jpg

[PR]

by tkrin | 2010-11-28 22:04 | 写真
2010年 11月 21日

久々の高校



昨日は、埼玉の高校でスライドトークをさせていただきました。
土曜日だったので、通常の授業ではなく、埼玉県内からいくつかの高校が集まっての留学生との交流会。
生徒さんや先生だけではなく、教育委員会の方やPTAの方もいらっしゃっていました。

私はアフリカについて、ガーナとニジェールを紹介しながら1時間ほどトーク。
その後、留学生から自分達の国についての発表がありました。
かなり準備されていたようで、絵や演劇を交えながら、オーストラリア、スイス、ドイツ
からの生徒さんの発表があったのですが、中国からの留学生の女の子の発表が
本当にスゴかったのです!

まず、彼女がパワーポイントを完璧に使いこなしているということ!
もしかして、今の日本の高校生もそうなのでしょうか?!

そして、彼女が紹介していたのは中国での自分の高校生活についてだったのですが、
そこに写されていた学校にびっくり。

全寮制の高校で、幼稚園からあるらしいのですが、
広大な敷地にある、お城のような建物。
高級老人ホームを思わせる、綺麗な芝生の幼稚園。
体育の授業は何十台もの卓球台が並び、音楽の時間は一人ずつにバイオリン。
夜までこうこうと明かりのつく教室。

そして、校庭の真ん中にある、巨大な地球儀。
それは、「ここから世界へ」という意味を持つものだとか。
校舎の壁にも大きく書いてあるようで、
彼女は発表の中で何度も「ここから世界へ」というキーワードがこの学校の特徴なのだと
主張していました。

かなりのエリート校であることは間違いないのですが、
それにしても、今の中国の勢い、国力を見た気がしました。
あの勢いは、ヨーロッパや日本の遥か遥か遠く先ですね。



久々に行った高校。
最近会ったライターさんが、ルーズソックスがまた来る!と言っていたのを思い出しました。

f0209745_214853100.jpg

[PR]

by tkrin | 2010-11-21 22:31
2010年 11月 18日

タバスキ(犠牲祭)

今日は犠牲祭。

ニジェールでの犠牲祭の当日は、朝、モスクに行ってメッカに向かってお祈り。(写真上)
その後、羊を殺し、串刺しにして焼いていきます。(写真下)

この日はどこに行っても羊を焼いているので、ただでさえ暑いニジェールの気温は、
普段よりもさらに2度は上がっていると思う。

f0209745_1582039.jpg



f0209745_1585323.jpg



みんなおしゃれをして、ごちそうを作って、お祭り一色。
道を歩いていると、家に寄って食べていきなよと、いろんな人が誘ってくれます。
このお祭りムードは、明日も続きます。
[PR]

by tkrin | 2010-11-18 02:19 | アフリカ
2010年 11月 12日

新宿での展示終了


f0209745_0374813.jpg


10月13日から新宿のブックファーストのカフェで展示をさせてもらっていましたが、今夜で最後。
さきほど、搬出してきました。

初の新宿での写真展。
お越し下さったみなさま、展示を見てくださったみなさま、ありがとうございました。

搬出のときはいつもそうだけど、
ちょっと寂しく、でも、
もっともっと頑張らねばと思いを新たにするときでもあります。

BLUE SQUARE CAFEのみなさん、どうもありがとうございました。


写真:今回、ガーナの女性のポートレートに交じって展示していた作品。
[PR]

by tkrin | 2010-11-12 00:50 | 写真
2010年 11月 08日

もうすぐタバスキ



f0209745_14124559.jpg


















もうすぐイスラム教のお祭りであるタバスキ(犠牲祭)がある。
イスラム教徒にとっては年中行事の中でも最大のお祭りで、1ヶ月くらい前から街中にはタバスキで殺される
羊が溢れ、服を新調したり、ご馳走を作る食材を買ったり、当日だけではなく、
街中がタバスキに向けて盛り上がる。

ここ3年はニジェールかセネガルでタバスキを迎えていたけど、今年は日本。
アフリカのムスリムの友人たちと話していると、最近はタバスキの話題ばかりで(羊を何頭買ったとか)、
皆の興奮が伝わり、私もアフリカで一緒にタバスキをすごしたいなぁと思ってしまう。。
あぁ、アフリカのおいしい羊が食べたい。。

写真は、去年のタバスキ当日に殺された羊の角を持って遊んでいる子どもたち。
ニジェールの首都ニアメにて。
[PR]

by tkrin | 2010-11-08 16:09
2010年 11月 05日

九州へ



5日間という短い間だったけれど、九州に行ってきた。
博多、阿蘇、湯布院、別府、長崎をちょっと駆け足でまわった。


今まで行った土地の中で、地球のパワーを感じた場所が幾つかある。

アイスランド

ハワイ島

そして今回行った、

阿蘇

別府


日本にこんな場所があったなんて驚きだった。
地球の中から、地面の奥深くから、湧き出るエネルギーを全身で感じられる場所。
まだまだ日本も知らないことばかりだ。

最初は皆と一緒だったのだけれど、途中からは一人旅。
一人で見知らぬ土地に行き、孤独を感じながら、でもそこには必ず新しい出会いがある。
今回もたくさんの新しい出会いがあった。


長崎から東京へはANAで帰ってきたのだけれど、
20時を少し過ぎて着陸態勢に入り、滑走路の明かりが見え始めた機内で、
StingのEnglishman In New Yorkがイヤフォンから流れてきた。

猛烈に、旅を感じた瞬間だった。
何か特別なシーンではないのだけれど、気持ちが無条件に高まる。

最後の最後までいい旅だった。
[PR]

by tkrin | 2010-11-05 16:30